ここから本文です

羽生善治永世7冠の妻・理恵夫人、ツイッターで愛するペットのうさぎが死亡したことを報告

1/12(金) 12:56配信

スポーツ報知

 将棋の羽生善治永世7冠(47)の妻・理恵夫人(47)が12日、自身のツイッターを更新し、ペットのうさぎが死亡したことを明かした。

 理恵夫人は「ご報告」としたツイッターで「さくら7歳と12日精一杯生きて昨夜2時に急性腸閉塞で帰天しました。6度の大手術を乗り越え家族に勇気と笑いと愛を沢山くれた」と明かした。

 その上で「さくら 主人の順位戦から戻るのを待ち、顔を見た瞬間に息を引き取ったパパ大好き愛兎。1月12日(いいうさぎの日)2時(うさ時間)兎道の虹の橋へ」とつづっていた。

 さらにお悔やみのコメントが書き込まれたことを受け、連続ツイートし「御礼 6度の手術の度に、元気玉を送って下さった皆様、本当にありがとうございました。一足先に、うさぎ町の虹の橋の袂で待っています。最後まで愛用したお花クッションの前のさくらの側を離れないリリー、犬とうさぎでしたが強い強い家族の絆を感じています」と記していた。

 さらに連続ツイートで「しばらくお休みします。宜しくお願いします」とし、ショックの大きさを表していた。

最終更新:1/12(金) 17:34
スポーツ報知