ここから本文です

池坊保子氏が訴える 貴乃花親方は講話に拍手せず「寂しい。恨みに思ったりはしない」

1/12(金) 16:09配信

デイリースポーツ

 日本相撲協会の評議員会議長である池坊保子氏(75)が12日、前日に引き続いてフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」にVTR出演し、昨年12月21日、暴力再発防止の研修会で講話を行った際、最前列に着席していた貴乃花親方から拍手がなかったと語った。

【写真】女性で初の評議員に選ばれた池坊氏 71歳と思えぬ当時の美貌

 池坊氏は「もちろん(親方衆は目に入る)。(檀の)上に立つといっぱい見えるんですよ。話を聞いている方、聞いていない方。やっぱり賛同してらっしゃらなかったんじゃないかな。拍手はなかったですね。終わった後の。それは分かります。見えます」と、終了後、貴乃花親方が拍手しなかったとした。

 インタビュアーが貴乃花親方の拍手がなかったのか改めて確認すると「はい」と答え、他の親方はおおむね拍手していたとした。

 池坊氏は「つらいというより残念だな、通じなかったのかな、みんながこれから協力し合ってね、暴行なんかないように再発防止に力を貸して、みんなで心を合わせて頑張っていきましょうという話なのに、拍手がないのは寂しいですね、確かにね。だからといって恨みに思ったりはしませんけどね。若くないからね」と、貴乃花親方の態度への失望感を隠さなかった。

 貴乃花親方の態度について、出演者たちはその心境を推察。

 MCの安藤優子は「『そういうレベルの話じゃないだろう!』っていうふうに思ってるんじゃないか。『協力するとかしないとかの問題じゃ今ないんだよっていう、これは暴力問題なんだよ』ということを言いたいような気がしてならない」。

 MCの高橋克実は「『分かってないだろう』っていう顔なんじゃないんですか」。

 ジャーナリストの木村太郎氏は「『みんなが協力されたらウヤムヤになっちゃうじゃないか。だから今のところは警察に全部任せよう、だから言わない』」とそれぞれ話していた。