ここから本文です

東京ディズニーシーで初開催! スペシャルイベント「ピクサー・プレイタイム」でゲームを楽しもう

1/12(金) 15:12配信

Impress Watch

 オリエンタルランドは、東京ディズニーシーでスペシャルイベント「ピクサー・プレイタイム」を初開催。1月11日から3月19日までの期間、パーク全体が巨大なボードゲームの舞台となりディズニー/ピクサー映画に登場する仲間たちと出会うことができる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 メディテレーニアンハーバーの「ピアッツア・トポリーノ」では、エンターテイメント・プログラム「ピクサー・プレイタイム・パルズ」を1日2~3回実施。ゲスト参加型のショーとなっており、手遊びを一緒にしたり、立ち上がってエクササイズをしたりなど楽しさあふれる内容となっている。

■力を合わせて3つのゲームにみんなで挑戦。ピクサーの仲間たちとクリアを目指そう

 ショーがスタートすると、MCからステージ上のマシンの説明が。仲間との団結力を測定しエネルギー化するマシンとのことで、その場にいる全員でまずは試運転。続いて、ディズニー/ピクサー映画「トイ・ストーリー」シリーズに登場するウッディにバズ・ライトイヤー、さらにはジェシーにブルズアイが登場。会場を4つのブロックに分けて仲間との団結力と測定しエネルギー化するマシンのメーターを最高レベルにするため力を合わせることに。そしてチームリーダーを応援するポーズを練習&本番へ。

 続いては、映画「Mr.インクレディブル」のMr.インクレディブルがステージに。突如、立ち上がりの指示がありエクササイズタイムがスタートし、ヒーロー直伝の動きで体もポカポカ。全員で汗を流していると、ハプニングも発生し大盛り上がりの展開となる。

 続いては映画「ファインディング・ニモ」「ファインディング・ドリー」の世界へ。特殊なバブルに包まれたニモやマーリン、ハンクたちがご挨拶。フワフワと浮かぶバブルがゲストの上を漂い、それをイソギンチャクの家へニモとマーリンを戻してあげるゲームがスタートする。

 全員のチームワークと体力を出し合い、見事すべてのミッションをクリア! 団結力が上がったところでもっとピクサーの仲間たちに会いたいという思いがマシンに届くと、ディズニー/ピクサー映画の名曲とともに、「モンスターズ・インク」のマイク・ワゾウスキやジェームズ・P・サリバン、「メリダとおそろしの森」のメリダ、さらには「インサイド・ヘッド」のヨロコビにカナシミ。「カールじいさんの空飛ぶ家」のカールじいさん、ラッセルとダグ、「トイ・ストーリー」シリーズのロッツォ・ハグベア、そして「レミーのおいしいレストラン」のレミーが「ピアッツア・トポリーノ」に大集合! グリーティングがスタートし、ゲームをクリアした参加者と一緒にお祝い。

 フィナーレでは、大きなバルーンが上がりさらに華やかな雰囲気に包まれる。ショーでは力を合わせたり、動いたりと盛りだくさんの内容で心も体もポカポカに。全員が笑顔になれ、とっておきの時間が過ごせる。公演時間は約25分間。

■合い言葉は「カチャウ!」ライトニング・マックィーンがご挨拶

 アメリカンウォーターフロントのニューヨークエリア周辺では、「ライトニング・マックィーン・ヴィクトリーラップ」を1日3~4回公演。世界的なレーサーで映画「カーズ」シリーズでの走りに夢中なファンも多い彼のグリーティングドライブを初開催。

 通常のドライブかと思いきや、後半では軽快なサウンドに合わせてレーサーとして本領も発揮! チェッカーフラッグが振られ、紙吹雪が舞い上がりゴール付近ではレースさながらの雰囲気が味わえる約20分間となっている。

 なお、ショーにはゲストが参加することも。ライトニング・マックィーンと一緒にコースをフラッグ片手に音楽に合わせ練り歩くこともできるので、希望する場合は整理券を手に入れよう。

■レミーに習えば全員プロ並みに!? 「レミーの“誰でも名シェフ”」を実施

 メディテレーニアンハーバーにほど近い「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」前では映画「レミーのおいしいレストラン」をモチーフにしたショーを開催。パリ随一のシェフ・グストーの名著「誰でも名シェフ」の名から取った同ショーでは、映画のラストにオープンしたフレンチレストラン「ラタトゥーユ」の出張店舗がオープン。しかしレミーの到着前に陽気なウェイターがオーダーした「本日のスペシャルコース」を見習いシェフ2人が作ってしまい……もちろん大失敗。

 ほどなくしてレミーたちが本店から到着し、ゲストや仲間とのチームワークで料理することを提案。シェフ、ゲストがレミーたちと力を合わせて絶品フレンチを生み出すことに。美味しいコースで笑顔あふれる1皿を目指そう! 公演は1日2~4回、約20分間行なわれる。

 また、パークでボードゲームを楽しむゲストと一緒に盛り上がろうと「モンスターズ・インク」シリーズのマイク・ワゾウスキ、ジェームズ・P・サリバン、CDA(The Child Detection Agency)。「トイ・ストーリー」シリーズのウッディやバズ・ライトイヤーにジェシー、ロッツォ・ハグベアらが「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」に乗ってご挨拶にやってくる「ピクサー・パルズ・スチーマー」も開催。メディテレーニアンハーバーから、各ポートの水上をぐるりと1周。賑やかな音楽と声が聞こえてきたら、ぜひ水上に目を向けてみよう。1日2~3回公演で約20分間。

■デコレーションで可愛さあふれる空間に! マス目やゲームブースで遊んじゃおう

 スペシャルイベント開催中は、パークにカラフルなデコレーションが盛りだくさん。エントランスを入り、ディズニーシー・プラザを抜けたミラコスタ通り入口では、イベントのロゴとバナーがゲストを迎えてくれる。

 ピクサー・アニメーション・スタジオと言えばなキャラクター、ルクソーJr.やおなじみのルクソーボールもデコレーション。映画のフィルムのようなイベントロゴには各作品のバナーがずらり。左から「メリダとおそろしの森」「Mr.インクレディブル」「ファインディング・ニモ」&「ファインディング・ドリー」「レミーのおいしいレストラン」「トイ・ストーリー」シリーズ、「モンスターズ・インク」シリーズ、「カーズ」シリーズ、「カールじいさんの空飛ぶ家」「インサイド・ヘッド」。映画の印象的な景色やモチーフを描いた美しいバナーとなっている。

 なお、「ピアッツア・トポリーノ」周辺には同デザインのバナーも飾られているので、お気に入りと一緒に写真を撮って楽しもう。

 さらに、パークのさまざまな場所にはイベントテーマに合わせたゲームボードやブースが出現。アメリカンウォーターフロントのウォーターフロントパークには、ボードゲームのカラフルなマス目がぎっしり。写真撮影やゲームを楽しむ際にぴったりだ。

 周辺には「カーズ」シリーズのブースがあり、ライトニング・マックィーンたちのタイヤ交換を手伝えるほか、「トイ・ストーリー」シリーズのブースではミスター・スペルのお題に沿って輪投げでアルファベットを綴るゲームも。

 またアメリカンウォーターフロントの「ハイタイド・トリート」付近の「レミーのおいしいレストラン」のブースでは、料理の仕上げを任されるなどさまざま。さらには「カールじいさんと空飛ぶ家」のブースでは、空飛ぶ家を操縦してゴールを目指すゲームも楽しめるので、ぜひ挑戦してみよう。

 さらに、期間中に配布されるガイドマップ「Today」を手に各テーマポートにて指定された店舗やアトラクション、レストランなどのキャストに合い言葉を言うと、スペシャルなステッカーがプレゼントされるラリーも同時開催。

「Today」を開くとゲームマップとなっているので、メディテレーニアンハーバー、アメリカンウォーターフロント、ポートディスカバリー、ミステリアスアイランド、マーメイドラグーン、ロストリバーデルタにアラビアンコーストと7つのポートを訪れキャストに合い言葉を言ってみよう。

(C)Disney
(C)Disney/Pixar
(C)2017 Hasbro. All Rights Reserved.
(C)Poof-Slinky, Inc.

トラベル Watch,相川真由美

最終更新:1/12(金) 15:12
Impress Watch