ここから本文です

【東京オートサロン 2018】メルセデス・ベンツ、AMGシリーズやVクラス特別仕様、ブラバス仕様のスマートも展示

1/12(金) 15:33配信

Impress Watch

 千葉県千葉市美浜区の幕張メッセで、「東京オートサロン 2018」が1月12日に開幕した。会期は14日まで。海外自動車メーカーもブース出展しており、メルセデス・ベンツは、AMGやブラバスといったチューナーブランドのクルマのほか、アクセサリーを多数装備した状態のGLAやカスタムベースにも適していると思われるVクラスなどを展示した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 ブースの入り口には「メルセデスAMG GT S」をはじめ、「メルセデスAMG C63」「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」などハイパワーバージョンを展示し、スマートの展示はすべてブラバス仕様とした。このショー向けの特別なものというわけではないが、通常の店舗ではなかなか見られないメルセデス・ベンツのラインアップが展示され、間近で確認できるようになっていた。

■メルセデスAMG

 メルセデスAMGは3台を展示。「メルセデスAMG GT S」はメルセデスAMG GTのラインアップのなかで、384kW(522PS)を発生するV型8気筒4.0リッターツインターボエンジンを搭載するモデル。Cクラスがベースの「メルセデスAMG C63」はV型8気筒4.0リッターツインターボエンジンを搭載。CLAがベースの「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」は280kW(381PS)を発生する直列4気筒2.0リッターツインターボエンジンを搭載する。

■メルセデス・ベンツ

 メルセデス・ベンツのラインアップはVクラス、GLA、Gクラスを展示した。V 220 d Sports longは参考展示で、リアシートのラグジュアリーさを強調したもの。専用オットマンを装着するメモリー付き電動パワーシートをリアに備えている。

 もう1台のVクラスやGLA、Gクラスは通常モデルだが、いずれも純正アクセサリーを装備。GLAは400Lのルーフボックスや純正キャリア、ラゲッジルーム用のアクセサリーを多数装備して展示された。

■スマート

 スマートは3台を展示し、いずれもブラバス仕様。展示そのままの仕様で購入できることを強調しており、ブラバス仕様でドレスアップされたクルマを間近で見ることができる。tailor made仕様の展示もそのまま購入することができ、ブルーとホワイトの2トーンカラーの車両はオプションを150万円分装着しており、展示車の価格は470万円。

Car Watch,正田拓也

最終更新:1/12(金) 16:07
Impress Watch