ここから本文です

【横浜M】斎藤学が川崎に完全移籍「挑戦と捉えてます」

1/12(金) 19:20配信

スポーツ報知

 横浜Mの元日本代表のMF斎藤学(27)が川崎に完全移籍することが12日、両クラブから発表された。

 昨季は主将と背番号10を担ったMF斎藤は公式HP上で、下部組織から在籍した横浜Mへの思い、同県内に拠点を置くライバルクラブへの移籍を決断した理由などをコメントした。

 以下、全文。

 8歳から育ててもらい、愛媛FCでの1年を除き18年間お世話になったF・マリノスを離れる決断をしました。昨年、キャプテン、10番と責任をもらいながらも、不甲斐ないプレーや満足のいく結果を残せない僕に、たくさんの声援を送っていただいたこと。9月の大怪我の際も、本当にたくさんの声、手紙、千羽鶴、ビックユニフォーム。本当に本当に勇気付けられ、辛いリハビリも日々続けてこれました。この移籍は、その恩を仇で返してしまうことになってしまいました。

 僕はこの移籍を挑戦と捉えてます。より難しいところにチャレンジしたいという想いが、今まで育ててもらったクラブでもない、キャプテンでもない、また一から自分を作っていきたいという想いが、F・マリノスを離れるという決断を後押ししました。

 F・マリノスで、優勝するという想いは道半ばにして僕はチームを離れますが、横浜F・マリノスというクラブが強くなっていくことを願っています。

 選手、スタッフ、会社の方々、ファン・サポーター、スポンサーの企業の皆さまへ感謝の想いとF・マリノスに関わる皆さんに良き日が訪れますように。

 今まで育ててくれたマリノスアカデミーのコーチたち、ここまで成長させてくれてありがとうございました。どんな時でも諦めず、最後まで一緒に闘ったファン、サポーターの皆さん、今まで本当に多くのご声援をありがとうございました。

 これから先もずっとF・マリノスのユニフォームを着てチームメイトと共に闘い、キャプテンとしてプレーしていたことは、僕の誇りです。

最終更新:1/12(金) 19:31
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報