ここから本文です

【新日本】今年もルチャの祭典開幕!開幕戦は棚橋らドリームトリオ勝利

1/13(土) 0:22配信

スポニチアネックス

 ◇「NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2018」 ○ミスティコ、棚橋、アトランティス―オカダ、外道、U・ゲレーロ●(2018年1月12日 愛知県名古屋国際会議場・イベントホール)

 今年も新日本プロレスで、ルチャの祭典が開幕した。今年で8回目の開催となる「NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2018」が、12日名古屋大会からスタート。今年は、20人のメキシコのトップ・ルチャドールが来日している。

 名古屋大会のメインでは、IWGPインターコンチネンタル王者の棚橋弘至(41)、“神の子”ミスティコ、“大陸仮面”アトランティス(55=メキシコ)がドリームトリオを結成。対するは、IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ(30)、“レインテイカー”外道(48)、“最強親分”ウルティモ・ゲレーロ(45=メキシコ)がトリオを組んで対戦した。

 試合は、ミスティコが必殺技のラ・ミスティカをU・ゲレーロに決めて棚橋、ミスティコ、アトランティス組がシリーズ開幕戦を勝利で飾った。

 「NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2018」は、22日の最終戦である後楽園大会まで合計8大会開催される。

 21、22日の後楽園大会では、「FANTASTICA MANIA」史上初の兄弟タッグ4チームが出場するトーナメントが開催されるなど、今年の「FANTASTICA MANIA」も目が離せない大会になるだろう。