ここから本文です

来日中のポール・スタンレー明かす「『狂気の叫び』はフォー・トップスの影響を受けた」

1/12(金) 7:00配信

サンケイスポーツ

 来日中の米ハードロックバンド、キッスのポール・スタンレー(65)が、本紙の単独インタビューに応じた。ソロプロジェクト「ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション」の日本ツアーが11日、東京・六本木のビルボードライブ東京で開幕。キッスでは11回もの日本ツアーを行っているが、ソロでは初の日本公演だ。

 「初来日から40年以上が経って、日本には強い思いがある。そんな特別な場所に、ソウルステーションという素晴らしいバンドで来ることができてうれしいよ。みんなは僕をロックシンガーだと決めつけたがるけど、そうじゃない。ロックシンガーではなくて『歌を愛する歌手』だ。レッド・ツェッペリンと同時にモータウンやフィリーソウルを聞いて育ってきた。僕のルーツであるソウルミュージックを、13人のミュージシャンでパワフルにお届けするよ」

 メイクアップしてド派手なステージを展開するキッスから一転。「ソウル・ステーション」は素顔でザ・テンプテーションズ、ザ・ミラクルズ、アル・グリーンなどソウルのカバーを披露するプロジェクトだ。2015年にスタートし、キッスのドラマー、エリック・シンガーら総勢13人の大所帯。フロントマンとして、4ピースバンドのキッスとは違う難しさがあるのではないか。

 「いい質問だけど、いい演奏がバンドの結束を強くする、という点で同じだ。ただキッスでは時折メロディを変え、自由に演奏しているけど、ソウルステーションはオリジナルに近い形で演奏するようにしている。楽曲への敬意を示しているんだ。ヒット曲だけではなくて、観客が『題名は知らないけど聞けばどこかで聞いた』と思い出すような、埋もれた名曲にもスポットライトを当てている」

 ポールのソウルへの熱い思いは、日本ツアーが発表された頃から各メディアのインタビューで紹介されており、今回は時間の都合で割愛。代わりに、キッスの楽曲の中で、ソウルの影響を受けている曲を教えてもらった。

 「アルバム『仮面の正体』に収録した『心のままに』と『傷だらけの素顔』の2曲はザ・スピナーズのようだ。あからさまにソウルのような曲にはしていないけれど、彼らが演奏していたとしてもおかしくない曲だと思う。あと『狂気の叫び』のヴァースの部分は、フォー・トップスの影響を受けている」

 インタビュー後、記者が何十年も聞いてなかった「仮面の正体」をCDラックから引っ張り出したのは言うまでもない。これを読んでくださっているキッスファンも同じではないだろうか。それはともかく、日本ツアー終了後の20日に誕生日を迎え、66歳となるポール。気になる今後の活動だが、まずは「画家」としての顔を見せるという。

 「アートギャラリーをフロリダやニュージャージーで開く。3億円くらいの価値があるものもあるんだ。自分の表現方法をより多くすることで、人生のパズルは面白くなる。ソウルだけじゃなくて、ミュージカルでも歌うし、日本のアイドルのためにヒット曲も作るし、絵画も描く。人生にとって重要なのは楽しむこと。大切に生きていきたいね」

 2015年のももいろクローバーZとのコラボはポールにも記憶に残る体験となったようだ。キッスとしての活動は7月にスペインツアーが決まっており、ポールによると、その後はワールドツアーが計画されているという。ももクロと東京ドームで共演した15年以来となる日本ツアーも期待したいが、まずは今のポールが情熱を注いでいる「ソウル・ステーション」のステージに注目だ。(取材・構成 岩渕直一)

●主な演奏予定曲目(公演日によって変更)●

ゲット・レディ(ザ・テンプテーションズ)

ララは愛の言葉(デルフォニックス)

ほほを流れる涙(スモーキー・ロビンソン)

レッツ・ステイ・トゥゲザー(アル・グリーン)

ベッチャ・バイ・ゴーリー・ワウ(ザ・スタイリスティックス)

ベイビー・アイ・ニード・ユア・ラヴィン(フォー・トップス)

はかない想い(ザ・テンプテーションズ)

帰ってほしいの(ジャクソン5)

ウー・ベイビー・ベイビー(スモーキー・ロビンソン)

ダンシング・イン・ザ・ストリート(マーサ&ザ・ヴァンデラス)

ユー・アー・エヴリシング(ザ・スタイリスティックス)

涙をとどけて(スティーヴィー・ワンダー)

ザ・ウェイ・ユー・ドゥ(ザ・テンプテーションズ)

ウー・チャイルド(ザ・ファイヴ・ステアステップス)

フィラデルフィアより愛をこめて(ザ・スピナーズ)

サイドショウ(ブルー・マジック)

ザット・レイディ(アイズレー・ブラザーズ)

●ポール・スタンレー来日公演日程●

12(金)ビルボードライブ東京(1)18:30(2)21:30

13(土)    同     (1)16:30(2)19:30

15(月)ビルボードライブ大阪(1)18:30(2)21:30

16(火)    同     (1)18:30(2)21:30

17(水)    同     (1)18:30(2)21:30

※1日2ステージ(入れ替え制)問い合わせは

ビルボードライブ東京=(電)03・3405・1133

ビルボードライブ大阪=(電)06・6342・7722