ここから本文です

【京成杯】連勝中のジェネラーレウーノは8枠15番

1/12(金) 10:36配信

サンケイスポーツ

 2018年の開催2週目となる中山の日曜メインレースには、皐月賞と同舞台で行われる注目の3歳重賞・京成杯(14日、GIII、芝2000メートル)が組まれている。

 過去には、エイシンフラッシュやキングカメハメハといったのちの名馬がこの一戦をステップに飛躍を遂げており、今年はどんなレースが展開されるか注目だ。

 12日、以下のとおり枠順が確定。2000mで連勝中のジェネラーレウーノは8枠15番、昨年10月のデビュー戦で非凡なセンスを見せたデルタバローズは6枠10番に入った。

(左から)枠番-馬番 馬名 斤量 騎手

1- 1 イェッツト    56.0蛯名正義

2- 2 コスモイグナーツ 56.0柴田大知

2- 3 ヤマノグラップル 56.0柴田善臣

3- 4 ロジティナ    56.0内田博幸

3- 5 コズミックフォース56.0戸崎圭太

4- 6 スラッシュメタル 56.0柴山雄一

4- 7 エイムアンドエンド56.0三浦皇成

5- 8 ダブルシャープ  56.0田中勝春

5- 9 サクステッド   56.0吉田隼人

6-10 デルタバローズ  56.0石橋脩

6-11 ライトカラカゼ  56.0大野拓弥

7-12 タイキフェルヴール56.0北村宏司

7-13 ギャンブラー   56.0津村明秀

8-14 ジョリルミエール 54.0木幡初也

8-15 ジェネラーレウーノ56.0田辺裕信

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ