ここから本文です

ホリエモン、大阪のタクシーにキレる「あのクソタクシーはなんとかしないと」

1/12(金) 16:56配信

サンケイスポーツ

 「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏(45)が12日、ツイッターを更新。大阪市内の有名高級ホテルを訪れた際、利用したタクシーが正確な場所にたどり着けなかったことに激怒した。

 堀江氏は「大阪の認知率低すぎて大阪のタクシー運転手が変なとこで落として30分くらい、歩いてやっとたどり着いた」「寒空を30分歩かされたらキレるのは普通」と目的地からかなり離れた場所に降ろされたことを明かし、「大阪のホスピタリティ最悪」と不快感をあらわにした。

 怒りの矛先はホテル側にも及んだ。「ホテルもタクシーがクソなのわかってんだからPRに努めるべきと思うのよ。タクシー会社なんかそんなにたくさんあるわけないし」「ホテル側にもタクシー会社に認知してもらう努力をしないと大阪のタクシーのクソレベルやばいので結局客が苦労してホテルの評価下がる」と忠告した。

 「スマホやカーナビで場所を説明すれば?」というフォロワーからのリプライに対して、「運転手老眼でスマホちゃんとわからん」「カーナビ使えない運転手結構いるんよ」と運転手が理解できなかったと明かした上で、「そもそも客にナビさせるのは最悪だし、ホテルの車寄せの場所とかスマホの地図にはでてこなかったりするから、デカいビルの反対側に降ろされたりするやん」と説明。「大阪万博までにあのクソタクシーはなんとかしないといけない」と怒りが収まらない様子だった。