ここから本文です

【前走後の談話】土曜中山10R・初富士S

1/12(金) 22:05配信

サンケイスポーツ

 ◇ウインファビラス「スッといい位置につけられたんだけど。まだ中身ができていなかったぶん、最後は一杯になった」(松岡正騎手)

 ◇カレンリスベット「展開がドンピシャ向いた。よく頑張ってくれた」(蛯名正騎手)

 ◇キャプテンペリー「クロフネ産駒なので、消耗戦に強いと思っていた。道悪の走りも上手だった。最後は切れたというよりは、この馬がバテず、相手がバテた感じに。よく競り勝ってくれた」(大野拓騎手)

 ◇クラウンディバイダ「前2頭で後ろを離す形になったが、ペース自体は速くなかった。展開が向いてくれたし、前回より落ち着きがあったこともよかったと思う」(大野拓騎手)

 ◇コスモナインボール「よく頑張っている。間隔があいて体に余裕があったし、昇級戦だった。今日の内容ならこのクラスでも十分やれる」(柴田大騎手)

 ◇サトノスティング「好位につけ、いいレースをしてくれたが、他馬を気にするようなところがあり集中力を少し欠いてしまった」(クウィリー騎手)

 ◇バルデス「今日は休み明けで太かったし、ペースも遅くて道中は掛かり気味だった。そのぶん伸びを欠いてしまった感じ」(ルメール騎手)

 ◇ブラックスビーチ「ロスなく運べた。現状の力は出せた」(川田将騎手)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ