ここから本文です

サモアの衣料店新設 太平洋・島サミット盛り上げ

1/12(金) 11:45配信

福島民報

 常磐興産(本社・福島県いわき市)は2月3日、いわき市のスパリゾートハワイアンズ内にサモアのアパレルブランドの店をオープンさせる。サモアも参加して5月に市内で開かれる第8回太平洋・島サミットなどを盛り上げる狙い。井上直美社長(67)は「さまざまな取り組みを通じて浜通りの観光を盛り上げていきたい」と話している。
 いわき市は2020年東京五輪でサモアのホストタウンに登録されている。常磐興産の社内にはサモア名誉領事館が開設されており、井上社長は名誉領事に就くなど同国と深いつながりがある。
 同国のアパレルブランド名は「エベニパシフィック」。サモアの伝統的なタトゥーの柄が特徴で、火の踊りなどがイメージされているという。新店舗では男性用の半袖や長袖のシャツ、女性用のブラウス、子ども用の半袖、スポーツタイツなど計8商品が販売される。
 問い合わせはスパリゾートハワイアンズ 電話0570(550)550へ。

福島民報社

最終更新:1/12(金) 11:56
福島民報