ここから本文です

「土湯温泉冬のマル得プラン」 東北中央道大笹生-米沢北開通

1/12(金) 11:47配信

福島民報

 福島市の土湯女将美湯の会の渡辺いづみ会長(山水荘)は11日、新しい宿泊プランのPRで福島民報社を訪れ、高橋雅行社長と懇談した。
 東北中央自動車道の福島大笹生インターチェンジ(IC)-米沢北IC間の開通を記念し「土湯温泉冬のマル得プラン」を企画した。8日から3月30日までの平日限定で、1室4人以上で受け付ける。参加旅館は山水荘、山根屋、ニュー扇屋、松雲閣、向瀧旅館、小滝温泉。料金は1泊2食付きで1人7000円(税別)。
 併せて、学生限定の「卒業旅行宿泊プラン」も設けた。2月1日から3月30日まで、料金は1人6500円(税別)。こけし絵付け体験などのオプションプランもある。
 申し込み問い合わせは土湯温泉観光協会 電話024(595)2217へ。
   ◇  ◇
 現在、土湯温泉に雪が積もっており、渡辺会長は「雪景色を眺めながら、露天風呂を満喫してほしい」と来場を呼び掛けた。
 副会長の渡辺啓子さん(山根屋)、会計の森山雅代さん(ニュー扇屋)、庶務の佐久間郁子さん(向瀧旅館)と末永由美子さん(松雲閣)、土湯温泉観光協会事務局の加藤舞さんが一緒に訪れた。

福島民報社

最終更新:1/12(金) 11:55
福島民報