ここから本文です

福島県内インフル患者1200人超に

1/12(金) 11:49配信

福島民報

 今年第1週(1~7日)の福島県内のインフルエンザ患者報告数は1219人で、注意報レベルに達した前週から376人増えた。県が11日、感染症発生動向調査週報を発表した。
 県によると、検査ではA型よりB型の患者が多い。地区別の患者報告数は県南が270人となり、一定点医療機関当たりの数が警報レベル(30.0人以上)を超えた。会津が299人、いわきが187人、県北が161人など。
 県はこまめな手洗いや外出時のマスク着用などの徹底を呼び掛けている。

福島民報社

最終更新:1/12(金) 11:50
福島民報