ここから本文です

人気の輸入車プレミアムSUV、アウディQ5試乗

1/12(金) 20:25配信

All About

◆スポーティさとラグジュアリー性とを併せ持つSUVに

ヨーロッパ市場では、今、コンパクト&ミッドサイズのプレミアムSUVカテゴリーが爆発的な人気を博している。両マーケットともに前年比+25%前後のセールスを記録中で、新規参入もいまだ見受けられ、今後もしばらくは成長が続く見通しだ。

今、欧州で最も売れているミッドサイズ・プレミアムSUVは、メルセデス・ベンツGLCクラスだ。2017年に入ってからは、なんと月に1万台ペースで売れた。2位が、今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれたボルボXC60。そして3位に入ったのが、2017年に2代目がデビューしたばかりのアウディQ5、である。

M・ベンツGLCクラスが、Cクラスのプラットフォームを活用したSUVであるのと同様、アウディQ5もまた、A4と同じ“MLBエボ”プラットフォームを使用する。BMWでいえば、X3と3シリーズの関係と同じ。つまり、ミッドサイズ・プレミアムとは、欧州Dセグメント相当ということになる。
新型アウディQ5だが、日本市場では17年10月に披露されたばかりだ。最新のアウディテイストに連なるフロントマスクデザインに加えて、以前よりもダイナミックなサイドデザインと安定した走行パフォーマンスを得た結果、スポーティさとラグジュアリー性とを併せ持つSUVへと変身した。世界中でのデリバリーが始まった今、これまたモデルチェンジしたばかりの新型BMWX3とともに、2位のXC60や1位のGLCクラスを追いかける存在になることは間違いない。

◆ベーシックモデルでも十二分に魅力を味わえる

とにかく、見映えクオリティの向上が著しい。なかでもエクステリアは、ぱっと見で、もっと上のクラスだと勘違いしてしまうほど。装備類もドライバーアシスタンス系など、セダンのA4に負けず劣らず最新式を採用する。

現時点では、2.0TFSIクワトロと、新開発の3.0V6TFSIを積むSQ5クワトロの2グレード展開で、もちろん後者のほうが全てに渡って上質かつ高性能なわけだけれども、2.0TFSIクワトロのベースグレードであっても、Q5の基本的な魅力を十二分に味わうことができると言っていい。

1/2ページ

最終更新:1/12(金) 20:25
All About