ここから本文です

いよいよ開幕!注目のメーカー系カスタムカーをチェック!【東京オートサロン2018】

1/12(金) 8:41配信

オートックワン

世界最大規模のカスタムカーイベントの東京オートサロン2018が、1月12日(金)から14日まで幕張メッセで開催されます。

東京オートサロン2018に展示されるメーカ系カスタムカーの画像を見る

今回で36回目を迎える東京オートサロン。もともとはカスタムパーツのメーカーやショップが中心でした。近年では自動車メーカーの出展も増えており、東京モーターショーと並んで高い注目度を誇るクルマのビッグイベントになりました。

開幕直前の東京オートサロン2018の出展車を、メーカーごとにリストアップ!

会場に行く人も行けない人も、これを見て予習してみてください。

トヨタ(東ホール8)

今回の出展テーマは「Meister's Workshop(マイスターズワークショップ)」とし、様々なモータースポーツへの挑戦と、その挑戦から生み出された数々のクルマが出展されます。

出展車両は、ヤリスWRC、TS050 HYBRIDなどのモータースポーツ参戦車両に加えて、モータースポーツ活動で培われた技術のフィードバックの一つの形として「WECへの参戦活動が生かされたコンセプトカー(GRスーパースポーツコンセプト)」を展示します。

また、市販車として86GRや国内150台限定販売のヴィッツGRMNも展示されます。

さらに、2018年5月に開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦車両や参戦ドライバーがされる予定です。

■トヨタの出展車両
・GRスーパースポーツコンセプト
・ヤリス WRC レプリカ(2017年参戦モデル)
・TS050 HYBRID(2017年 世界耐久レース選手権参戦モデル)
・86(2014年のニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車両)
・ヴィッツGRMN
・86GR

トヨタモデリスタインターナショナル(東ホール8)

トヨタモデリスタインターナショナルは、同社の創立20周年を機に制作したコンセプトカーを含む合計5台のカスタマイズカーを展示する。

出展車両は、モデリスタの未来、カスタマイズの未来を見据えて制作したコンセプトカー「SONIC EMOTION C-HR CONCEPT(ソニック エモーション C-HR コンセプト)」や、カーライフをもっと楽しくするカスタマイズを手掛けるモデリスタならではの“使える・泊まれるカッコイイミニバン”「NOAH MU CONCEPT(ノア MU コンセプト)に加え、2018年にモデルチェンジが予定されているクラウンをいち早くカスタマイズした「CROWN CONCEPT MODELLISTA(クラウン コンセプト モデリスタ)」と、ハイエース50周年記念コンプリートカー「HIACE Relaxbase(ハイエース リラックスベース)」の2台を展示します。

■モデリスタの出展車両
・ソニックエモーション C-HR コンセプト
・ノア MU コンセプト
・クラウン コンセプト モデリスタ
・ハイエース リラックスベース

1/5ページ

最終更新:1/12(金) 8:41
オートックワン