ここから本文です

718ボクスター&ケイマンにGTS登場。濃密な走りと特筆すべき快適性

1/12(金) 11:04配信

carview!

4気筒ターボの現行ボクスター&ケイマンにGTSが登場

ポルシェ各モデルに用意される“GTS”は、パフォーマンスとルックスをスポーティに仕立てることで人気のシリーズである。そのGTSが新型「718ボクスター&ケイマン」に追加された。南スペイン・マラガ近郊で行われた国際試乗会で、その走りをいち早く体験する事ができた。

【ポルシェ販売前線異常あり! もう左ハンドルは選べない!?】

2016年に“ライトサイジング”のコンセプトに基づいて、新たに水平対向4気筒ターボを搭載したことで話題を集めた現行の718ボクスター&ケイマンは、6気筒エンジンを積んだ以前のモデルとは明らかに異なる、4気筒独特のサウンドと振動が感じられるが、パフォーマンス的には確実にレベルアップを果たした。今回追加されたGTSは、そこからさらに性能が引き上げられている。

718ボクスター&ケイマンGTSのリアミドに搭載される2.5リッター水平対向4気筒ターボは、最高出力269kW(365PS)/6500rpm、最大トルク420Nm/1900~5500rpm(7速PDK車は430Nm/1900~5000rpm)で、同じ2.5リッターを積む「S」に対して15PSと10Nmの性能アップを果たしている。

シャシー面も、Sからさらに10mmのローダウンとなる専用サスペンションが備わるうえ、フロントが235/35R20、リアは265/35R20のピレリPゼロを装着。加えてPASM(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム)やPTV Plus(ポルシェ・トルク・ベクトリングプラス)も備わる。

アクセルペダルの動きにリニアに反応し、幅広い回転域で強力なトルクを発生させる強心臓と、鍛え上げられた足回りがもたらす走りは、まさにキレ味抜群で、ステアリング操作に正確なハンドリングとパワフルな加速が味わえる。ロックなサウンドと共に鋭く吹け上がるエンジンも快感だ。ブレーキも制動力、コントロール性、そしてペダルフィーリングとも申し分ない。

スポーツプラスモードを選択すれば、7速PDKでは常に高回転を保つ最適なギアを選んでくれるので、ステアリングとアクセルペダル、ブレーキペダルの操作に集中できる。6速MT車でもシフトダウン時に正確なブリッピング制御が作動するので、ワインディングロードでも安心してコーナーに向かうことが出来る。

1/3ページ

最終更新:1/12(金) 11:04
carview!