ここから本文です

バルサ祭り セルタに5発快勝を決める、メッシがピッチで躍動

1/12(金) 10:50配信

SPORT.es

1月11日に行われたコパ・デル・レイ、バルサ対セルタ戦はバルサが5-0とゴールラッシュにて幕を閉じた。

大野忍がバルサ“デビュー” バルサ公式メディアから独占取材を受ける!

メッシが思い描いたパフォーマンスを継続できた試合となった。2ゴールを2分で奪い、試合を決定づけている。その後も、アシストでジョルディ・アルバのゴールを演出し、メッシとアルバの優れたコンビネーションにより、30分で相手の息の根を止めている。さらに、ダメ押しとなるルイス・スアレスの4ゴール目も決め、ラキティッチのゴールで締めくくった。

バルサにとって前半はお祭りのようであり、エルネスト・バルベルデが監督に就任してから最高のパフォーマンスを披露している。厳密に言えば、この試合の直前の2試合(リーグ戦とバライドスでのコパ1stレグ)では深刻な問題をチームは抱えていたが、11日木曜日の試合では違かった。バルサはウンスエ率いるセルタを粉砕している。

監督バルベルデが試合前のプレスカンファレンスで語ったことは明らかであり、コパのタイトル獲得もバルサは目指している。ほぼタイトルを手中に収めたリーグ戦、チャンピオンズリーグとともに夢に見た3冠に向けて、コパは前菜のようなものである。なお、コパの準々決勝のライバルが出そろっており、レアル・マドリード、アトレティコ・マドリード、バレンシア、セビージャ、エスパニョール、アラベス、レガネスとなっている。

■メッシのリベンジ
バルサは試合ごとに今シーズン再び歴史を作りたいということを示している。監督バルベルデとともにチームも最高の状態を取り戻している。そして、昨シーズンのマドリーの栄冠とクリスティアーノ・ロナウドによるアワードの独占を受けて、複数の選手達は非難が間違っていることを証明したいと考えている。メッシのリベンジは、彼の優れたプレーとともに着々と進められている。

(文:lluis mascaro)

SPORT.es

最終更新:1/12(金) 10:50
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合