ここから本文です

今年は女性の年? スティーブン・スピルバーグ、ナタリー・ポートマンの意見に反応

1/12(金) 21:20配信

ELLE ONLINE

先週末開催されたゴールデングローブ賞の授賞式。監督賞のプレゼンターとして登場したナタリー・ポートマンが「候補者は全員男性です」とコメント、男女格差を指摘して注目を集めた。

【写真】変幻自在の知的アクトレス、ナタリー・ポートマンの華やかすぎるフィルモグラフィー

ナタリーのこの批判的なコメントについて、大御所監督のスティーブン・スピルバーグが反応している。スピルバーグもゴールデングローブ賞で監督賞の候補の1人になっていた。テレビ番組「エンターテインメントトゥナイト」のインタビューに対して「今、重要な変化が起きているんだ。女性の監督たちにとっては遅々とした動きではあるけれど」とコメント。

さらに「『ワンダー・ウーマン』のパティ・ジェンキンス監督がいる。それに『マッドバウンド 哀しき友情』や『レディ・バード』の監督のような素晴らしい女性たちも現れている」とも。『マッドバウンド~』の監督ディー・リースも、『レディ・バード』の監督グレタ・ガーウィグも共に女性。「今年はとても素晴らしい女性の年だ。多分これから何人かの女性が候補になると思う。今年のオスカーでは、数人の女性監督がノミネートされると予測しているよ」。

ちなみに今週発表された英国アカデミー賞でも監督賞は男性が独占している。アメリカのアカデミー賞ではどうなるのか、まずは現地時間1月23日(火)ノミネート発表に注目したい。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:1/12(金) 21:20
ELLE ONLINE