ここから本文です

「ストリートファイター佐賀」始動。観光大使はサガットで勝算あり?

1/12(金) 11:30配信

ホウドウキョク

誕生30周年を迎えた対戦格闘ゲームの「ストリートファイターII」が、誰も予想しなかった相手とコラボレーションすることが分かった。
その相手とは…

【画像】佐賀県知事がストIIのキャラになり、サガットとコラボ

なんとコラボの相手は佐賀県。
「ストリートファイター佐賀」と銘打ち、ゲームの中ではかなり癖が強いキャラクターである「サガット」が「佐賀ット」に名前を改め、観光大使を務めるという。

名前が似ているだけのダジャレみたいなコラボだな…と思ったら、佐賀と「サガット」には意外にちゃんとした関連があるという。

佐賀と「サガット」の意外な接点

ストIIの「サガット」と言えば、スキンヘッド+眼帯+身長2m以上の巨漢という、まるで悪役みたいなこわもてキャラ。
必殺技であるタイガーショットの掛け声が「タイガー」ではなく「アイガー」にしか聞こえないことを覚えている人も多いのではないだろうか。
またムエタイの使い手で出身地は「タイ」という設定なのだが、実は最近 佐賀県へのタイ人観光客が急増しているのだ。

佐賀県は平成25年から、タイの映画やテレビドラマのロケ地に使われ、これまで7作品が制作されている。
そのためタイの人々の間で佐賀県の認知度が急上昇。
タイからの宿泊観光客数は、平成25年では計370人だったが、平成28年には5830人と急激に伸びている。

佐賀県の「コラボ」パワーがすごい

佐賀県が打ち出す様々なコラボ企画は、以前からたびたび話題になっていた。

ゲームだけに絞っても、2014年にはスクエニとコラボして「ロマンシング 佐賀」と銘打ち、東京・六本木ヒルズで伝統工芸品の展示や、佐賀食材を使ったカフェメニューを提供。
2015年には任天堂WiiU用ゲーム「スプラトゥーン」とコラボし、唐津市呼子町などで採れる「イカ」つながりのコラボ企画を展開。
去年2017年は「ポケモン」とコラボして、佐賀で行われる熱気球のイベントに「ニャース」のバルーンが登場した。

佐賀県のコラボは、その他にもアニメや漫画、ファッション、食品など、ありとあらゆるジャンルに及んでいる。
ちなみに2014年の夏には、フジテレビのお昼の情報番組「バイキング」とコラボして、「お台場新大陸」に気球や地引き網アトラクションを体験できるブースなどを出展。

2016年には、以前ホウドウキョクで紹介したアフロマンスさんとコラボ。
東京・南青山に、干潟の泥に浸かって楽しめるBARを期間限定でオープンしている。

1/2ページ

最終更新:1/12(金) 11:36
ホウドウキョク