ここから本文です

三菱の新型SUV、エクリプスクロスに2つのカスタムモデルが登場

1/12(金) 10:40配信

オートックワン

2018年春に4年振りとなる新型車「エクリプスクロス」を投入する三菱自動車は、東京オートサロンにエクリプスクロスのカスタマイズカー2台を中心にコンセプトカーなどを出展する。

>>市販化間近のエクリプスクロスのカスタマイズを画像で見る!

エクリプスクロスのカスタマイズカー1台目は「エクリプスクロス プレミアムスポーツコンセプト」だ。

エクリプスクロスプレミアムスポーツコンセプトは、その名の通りSUVながらスポーティなクーペルックでスポーツ性を強調したモデル。車高はノーマルのようだが、ハイスピードツアラーをイメージし、ボディ同色のサイドドアガーニッシュやフロントバンパーなどの外装パーツに加え、レイズの20インチアルミホイール(タイヤは横浜ゴムのアドバンスポーツ)などを装備する。

SUVらしいタフさ強調したエクリプスクロス フィールドアスリートコンセプト

2台目のエクリプスクロス フィールドアスリートコンセプトは、エクリプスクロスの持つSUVというキャラクターを際立たせた。

エンジンフードプロテクターや力強く迫力あるデザインのレイズ製18インチアルミホイール、タイヤはオフロードでの性能を重視した横浜ゴムのジオランダーを装備し、イメージ以上に強靭なエクリプスクロスの悪路走破性をさらに高めている。

新たな魅力を気付かせてくれるアウトランダーPHEV プレミアムスポーツコンセプト

エクリプスクロス以外にも、「プレミアムスポーツコンセプト」でカスタマイズされたアウトランダーPHEVも出展される。

アウトランダーPHEV プレミアムスポーツコンセプトは、エアロパーツや20インチホイール&タイヤの装着といったカスタム手法こそエクリプスクロスと同じながら、車高は下げられているようで、アウトランダーPHEVの新しい個性の提案となりそうだ。

エクリプスクロス プレミアムスポーツコンセプト/エクリプスクロス フィールドアスリートコンセプト/アウトランダーPHEVプレミアムスポーツコンセプトのカスタマイズカーは、3台とも自動車メーカー純正らしいまとまりとドレスアップ効果を備えており、コンプリートカーや追加グレードないし純正オプションへの設定という形で市販化を望みたいところだ。

デリカD:5 ACTIVE GEARをさらなるオフローダー仕様へカスタマイズ

オレンジのアクセントが目を引くアクティブギアシリーズは、デリカD:5、RVR、アウトランダー、eKカスタムに設定されているが、東京オートサロン2018ではデリカD:5アクティブギアシリーズをさらにカスタマイズしたモデルも出展される。

ルーフキャリアやリアラダー(ハシゴ)を装備。タイヤはオフロード性能重視の横浜ゴムのジオランダーを履き、アウトドアでの使い勝手や悪路走破性を高めた。

[Text:永田 恵一]

最終更新:1/12(金) 10:40
オートックワン