ここから本文です

「志望校に絶対合格!」受験生が力強く宣言

1/12(金) 20:02配信

TOKYO FM+

いよいよ1月13日から大学入試センター試験が始まります。1月11日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」では、センター試験に挑む受験生リスナーたちが合格を宣言。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、応援メッセージを送りました。その中から「東大に合格する」と力強く宣言した高3の男子リスナーとのやりとりを紹介します。



とーやま校長:もしもし! 早速だけど、お前の宣言を聞かせてくれ!!

リスナー:僕は東大を目指して、寝る時間、ご飯の時間、お風呂の時間以外は、ほとんど勉強に費やしています。何十年後に後悔するぐらいだったら、今、つらいほうがいいと思って自分と闘ってきました。でも模試ではE判定が続いたりしてずっと不安で、結果が出ないと意味ないんじゃないかって心が折れそうになることもたくさんありました。それでも最後まで自分と闘って、全力を出し切って合格を勝ち取りたいと思います!

とーやま校長:ヨシ! 熱い心がバシバシに詰まった宣言だったんじゃない?

あしざわ教頭:前のめりでいい感じだよ!

とーやま校長:改めて、どこを目指しているって言った?

リスナー:東大です!

あしざわ教頭:かっこいいなあ!

とーやま校長:なんで東大を目指そうと思ったの?

リスナー:大きくは二つあって、一つはクイズが好きなんですけど、東大のクイズ研究会の人がテレビに出ていたのを見て、そういう方々に会ってみたい、そういう環境に行ってみたいって思いが芽生えたんです。もう一つは高いレベルで学んで自分の人生を力強く進んでいきたいと思った時に、東大に行くのが一番いいのかなと思いました。

あしざわ教頭:どデカイ男だなあ。

とーやま校長:目指すなら一番を目指したいもんな。でも、そこを目指すだけの気持ちとポテンシャルがないとこの宣言は成り立たない訳で、そこがまずお前の最強に強いところだね。そんな中、この1年風呂とご飯以外はずっと勉強していたんだ?

リスナー:音楽を聴いたりする時間は多少あったんですけど、基本的に勉強していました。

あしざわ教頭:スマホとかも見なかったの?

リスナー:見てしまうこともあったんですけど、スマホの誘惑を断ち切るためにアプリを消しまくったり、携帯を箱に入れてしまったりしていました。

とーやま校長:めっちゃ武器あるじゃん! おそらくセンター試験の当日、お前の隣のやつはお前よりも携帯いじってる時間が長いし、後ろのやつも長いと思う! そこだけでも胸を張れるよ!

あしざわ教頭:そうだね。

とーやま校長:じゃあお前に向けて、メッセージを送らせてもらうよ!

あしざわ教頭:いきましょう!

◆とーやま校長からの応援メッセージ
『ポジティブ!』
とーやま校長:今話していてもネガティブな要素は一切感じなかったし、お前の細胞も脳みそも全部前を向いている! 前進あるのみの戦闘態勢に入っているから大丈夫だよ! ポジティブ!!

◆あしざわ教頭からの応援メッセージ
『お前の手が一番お前をずっと見てきた!! 信じろ!!』
あしざわ教頭:お前のことを誰が一番見てきたか。それはお前自身だと思うんだ。お前の手が、一番努力してきたことを知っているわけ。だったら、最後はお前のその手を信じるしか方法はないよ。やっていこう! 頑張れ!!

リスナー:ありがとうございます!

とーやま校長:よし! 今日の宣言、忘れるなよ! 頑張れ!!

リスナー:頑張ります!

最終更新:1/12(金) 20:02
TOKYO FM+