ここから本文です

オデッセイがSUVに!?東京オートサロン2018、ホンダアクセスがアツイ!

1/12(金) 11:04配信

オートックワン

東京オートサロン2018でホンダブースからの独立を果たしたホンダアクセス

ホンダ車の純正オプションパーツや、ステップワゴンやフリードなどにラインナップされるコンプリートカー「ModuloX」の開発などを手掛けるホンダアクセス。東京オートサロンでは昨年までホンダブースでの出展であったが、今回2018年の東京オートサロン2018では、ホンダアクセス独自のブースを北ホール10に構えることになった。

>>SUVテイストのオデッセイを画像で見る!

そんなホンダアクセスは6台を出展するが、その1台が「オデッセイ クロスクルーザー」だ。

クロスオーバーミニバン「オデッセイ クロスクルーザー」市販化の可能性は!?

オデッセイハイブリッドアブソルートをベースにしたオデッセイクロスクルーザーは、最低地上高を上げ、オーバーライダー(フェンダーの黒い部分)や各種カード類を備え、ラージミニバンのオデッセイにSUVの要素を盛り込んだクロスオーバーモデル。市販車でいえば三菱 デリカD:5や近々生産を終了するスバル クロスオーバー7に近い存在だ。

大家族や多人数でのアウトドアなどに使用することも少なくないミニバンで、少々の悪路や河原などにも対応できるというコンセプトはなかなか面白く、東京オートサロン2018での反響はなかなか興味深い。

コンセプトカーながらメーカー直系らしい完成度で市販化の期待度がさらに高まる!

また、ホンダアクセスというホンダ直系のブランドが手掛けているだけに、車高アップによるハンドリングや、走行安定性への対応も自動車メーカーのクオリティでシッカリ行われていることが予想されるのも嬉しいポイントではないだろうか。

後からでもできるパーツ装着か、Modulo Xのようなコンプリートカーという形のどちらでも構わないので、市販化を期待したい。

[Text:永田 恵一]

最終更新:1/12(金) 12:55
オートックワン