ここから本文です

ダイハツがミラTR-XXやシャレードデトマソを復活!? 往年の名車風にスポーツカスタム

1/12(金) 17:36配信

オートックワン

ダイハツ人気の3モデルの個性を際立たせたスポーツテイスト

ダイハツは昨年同様「もっと楽しく。もっと自分らしく。」をテーマに、3つのカテゴリーでコンセプトカーを東京オートサロンに出展。

>>これが”平成のシャレード デ トマソ”! フォトギャラリーをチェック

その1つが「スポーツ」だ。「スポーツ」は赤と黒のツートンカラー、ゴールドのアルミホイールという共通のスポーツテイストで、かつてのシャレードデトマソやミラTR-XXといったダイハツホットハッチの再現を目指したというから、往年のファンにはたまらない!

ブーン スポルト パッケージ

ブーン SPORTO パッケージに装着されるエアロパーツ、各種ガーニッシュ、デカール、レイズ製アルミホイールといったパーツはオートサロンが開幕する1月12日(金)に発売され、自分のブーンシルクをオートサロン出展車に近い雰囲気の再現が可能となる。

トール スポルザ バージョン

赤と黒のツートンカラー、ゴールドのアルミホイールという共通のスポーツテイストやエアロパーツ装着に加え、事前情報の画像を見ると車高も下げられているようで、トールの押し出しの強いスタイルがさらに際立つ。

ミライース スポルザ バージョン

ドレスアップの手法はブーンシルクパッケージ、トールスポルザ バージョンと同じながら、おとなしい実用車というイメージしかないミライースに施すと雰囲気は一変。ノーマルカーとの大きなギャップが面白い。

また現在のミラが務めているMT需要への対応の後継モデルという役割も含め、ミライースにMTとオートサロン出展車ほどではなくともカスタマイズパーツを用意してくれたら、エントリードライバー向けのMT車として貴重な存在となるかもしれない。

[Text:永田 恵一]

最終更新:1/12(金) 17:36
オートックワン