ここから本文です

三菱UFJ信託銀行が3月に鹿児島撤退

1/12(金) 19:10配信

MBC南日本放送

MBC南日本放送

三菱UFJ信託銀行は今年3月に鹿児島支店を閉鎖し、南九州から撤退することが明らかになりました。経営合理化の一環だということです。

三菱UFJ信託銀行は12日、今年の3月に鹿児島と宮崎の支店を閉鎖し、福岡支店に統合すると発表しました。
鹿児島支店は1975年に旧東洋信託銀行の支店として開店し現在の預金者数はおよそ1万100人に上ります。支店の閉鎖にともない顧客との取引はインターネットバンキングや郵送による対応に切り替えます。

鹿児島支店では「顧客にご迷惑をおかけするが今後のことは誠心誠意、相談に乗りたい」とコメントしています。鹿児島支店の営業は3月30日までです。
三菱UFJ信託銀行は低金利の長期化を背景として今後、富裕層向けの資産運用などに収益源の重点を移すことにしています。

MBC南日本放送 | 鹿児島

最終更新:1/12(金) 19:10
MBC南日本放送