ここから本文です

藤木直人&松雪泰子、ピクサー最新作『リメンバー・ミー』日本版声優に決定

1/12(金) 4:00配信

クランクイン!

 ディズニー/ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』から日本版声優が発表され、主人公のミゲルがカラフルな“死者の国”で出会うガイコツのヘクター役を俳優の藤木直人が、家族に音楽を禁じたミゲルのひいひいおばあちゃんイメルダ役を女優の松雪泰子が務めることが発表された。

【関連】「藤木直人」フォトギャラリー


 藤木が演じるヘクターは、ミゲル(石橋陽彩)が迷い込んだカラフルな“死者の国”で出会い、共に冒険する重要なキャラクター。ディズニー/ピクサー作品の声優に初挑戦となる藤木は「ピクサー作品をやってみたいという想いがあったので、嬉しい反面、決まったからにはやらなきゃという責任感とプレッシャーがありました」と心境を吐露。家族がテーマの作品ということもあり、アフレコのエピソードとして「劇中では祭壇に家族の写真を飾ったりしていたので、アフレコの時には子供たちの写真を台本に貼ってやってました」とも明かしている。

 一方、松雪が演じるミゲルのご先祖ガイコツ(ひいひいおばあちゃん)・イメルダも物語のカギを握るキャラクターだ。藤木とともにディズニー/ピクサー声優に初挑戦となった松雪は、「なんといっても曲が素晴らしくて、聴いているだけで胸を打たれました。自然と涙がこぼれてくる力強さがあり、言葉もスッと魂に刺さってくるようでした。カラフルな色彩が全編通して続くのも観ていてワクワクしました」と本作を絶賛。また「家族とはいつもつながっている感覚があります。家系図を見てみたり、ひいひいおばあちゃんがどんな人だったのかという話を改めて聞いたときは、代々守ってきてくれたことによって今自分がここに存在できているんだなと思い、感謝の気持ちがすごくあります」と思いを語っている。

 ディズニーの担当者は、藤木の起用理由について「ヘクターは陽気だけど心に傷を抱えていて、何より家族をとても大切に想い、会いたいと願っています。藤木さんは映画やドラマ、音楽活動など幅広く活躍しており、ヘクターの陽気さと孤独を併せ持つ難しい演技、家族を想う優しさの表現と、歌唱もお任せできると思いました」と説明。松雪については「イメルダは家族を愛していて、芯の強さを持った女性。情熱的な歌唱シーンもあります。松雪さんは映画、ドラマ、またミュージカルを含む舞台経験も豊富なことから、イメルダの強さ、厳しさの中にある家族への愛情を表現していただくことができる、また歌もお任せできると思いオファーしました」とコメントしている。なお、ミゲルが憧れる伝説の歌手デラクルス役は、劇団☆新感線出身の俳優・橋本さとしが担当することも併せて発表された。

 映画『リメンバー・ミー』は3月16日より全国公開。

最終更新:1/12(金) 4:00
クランクイン!