ここから本文です

小関也朱篤が暴力、炊事当番遅れた後輩の腹と顎1発

1/12(金) 9:27配信

日刊スポーツ

 競泳男子で20年東京オリンピック(五輪)メダル候補の小関也朱篤(25=ミキハウス)が、昨年11~12月にスペインでの日本代表高地合宿で、炊事当番の時間に遅れた同じ所属の男子選手(23)に暴力を振るっていたことが11日、関係者への取材でわかった。既に所属先から今年3月末までの対外試合出場自粛と日本代表活動の辞退、減俸などの処分を受けた。

【写真】小関也朱篤8月に第1子「社会人なんで稼がないと」

 小関は、同部屋の後輩選手が練習後にサッカーに興じて一緒に担当することになっていた当番に遅れてきたことに腹を立てた。利き手ではない左手で腹部を1度、左手の甲で顎を1度、殴ったという。両者には米を炊くためにかかる時間で見解に相違があった。小関は45分、男子選手は15分と考えていた。これにより、小関は男子選手が炊事当番にくる時間に遅れた、と立腹した。

 男子選手は顎に違和感が残っているものの、骨折などはしていない。小関はスペイン滞在中に所属先に報告し、深く反省。男子選手に謝罪、和解したという。ともに練習を再開しており、日本水泳連盟は「被害届が出るような事案でなく、所属先の処分も受けており追認した」としている。

 小関は昨年、世界選手権の200メートル平泳ぎで銀メダルに輝いた。16年リオ五輪は同種目で5位だった。男子選手は、15年と昨年の世界選手権に出場していた。

 小関は今夏のパンパシフィック選手権(東京辰巳国際水泳場)やアジア大会(インドネシア)の代表選考会を兼ねた4月の日本選手権には出場できる。

最終更新:1/12(金) 9:33
日刊スポーツ