ここから本文です

【ラックライフ ライヴレポート】『2017-2018 ~Change The World TOUR~』2018年1月8日 at 恵比寿LIQUIDROOM

1/12(金) 20:02配信

OKMusic

 昨年8月23日にリリースしたシングル「リフレイン」を引っ提げ、11月から年をまたいで全国を回ってきたラックライフの『2017-2018 ~Change The World TOUR~』。満員の観客がバンドを歓迎した、そのセミファイナル公演の模様をレポート。バンドの勢いがさらに加速し始めたことを物語る熱演は、今後の飛躍を期待させるものとなった。

ラックライフ、恵比寿LIQUIDROOM公演のその他の写真

 “ひとりひとりに向けて、声を枯らして歌います!”というPON(Vo&Gu)による宣言通り、ラックライフは1曲目の「風が吹く街」から一曲入魂の演奏を繰り広げていった。いつも通りと言えば、いつも通り。しかし、この日、メンバーたちはいつにも増して、終始高揚していた。恵比寿LIQUIDROOMがソールドアウトしたことがシンプルにひと言、嬉しかったそうだ。

 ワンマンをやるたびに会場のキャパを更新してきた彼らだが、この日のライヴはその勢いがここに来て、加速し始めたことを印象付けた。シンガロングを繰り返して、盛り上げた「ラブリープリティーミュージック」で会場の熱気は早くも最高潮に。しかし、バンドの勢いは止まらない。「そんな世界になればいい」など懐かしい曲の数々をはさんでから、「リフレイン」で始まった後半戦はミッドテンポの曲やバラードを熱を込めながらじっくりと聴かせ、がむしゃらな勢いだけが自分たちの魅力ではないことをアピールした。

 曲によっては“Hi! Hi! Hi!”と声を上げながら、演奏の推進力となるLOVE大石(Dr)、演奏のグルーブを担うたく(Ba)、そしてギターヒーロー然としたパフォーマンスが板についてきたikoma(Gu)。陽気なフロントマンをはじめ、メンバーそれぞれのキャラも立ってきた。3人を巻き込むようになったPONのMCもバンドの一体感を物語るという意味で観どころだった。そして、アンコールでは2月28日のリリースに先駆けて新曲「僕ら」を披露して、2018年のスタートダッシュを決めるように前のめりの姿勢をダメ押しでアピールしたのだった。

撮影:MASANORI FUJIKAWA/取材:山口智男

セットリスト

1.風が吹く街
2.ブレイバー
3.フールズ
4.赤い糸
5.初めの一歩
6.ラブリープリティーミュージック
7.そんな世界になればいい
8.ローグ
9.ほんとうのこと
10.リフレイン
11.変わらない空
12.ソライロ
13.アイトユウ
14.存在証明
15.名前を呼ぶよ
16.タイムライト
17.君のこと
18.sweet my life
19.サニーデイ
<ENCORE>
1.僕ら
2.ハルカヒカリ

OKMusic編集部

最終更新:1/12(金) 20:02
OKMusic