ここから本文です

ウィキリークス創設者、エクアドル国籍を取得

1/12(金) 14:05配信

CNN.co.jp

(CNN) 南米エクアドルのエスピノサ外相は11日、内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者であるジュリアン・ アサンジュ容疑者に対しエクアドル国籍を与えたことを明らかにした。

エクアドルの首都キトで会見を行ったエスピノサ外相によれば、アサンジュ氏に対し、昨年12月12日に国籍取得を認めたという。スウェーデンでの性犯罪の容疑が持たれた同氏は、2012年からロンドンのエクアドル大使館に籠城している。

スウェーデンの検察は同氏への捜査を昨年5月に打ち切ったが、同氏は依然として英国当局の逮捕状の対象となっている。

アサンジュ氏はエクアドル大使館を出た場合の結果として、最終的に米国へ身柄を引き渡され、ウィキリークスを通じ政府機密を暴露した罪で死刑を言い渡される恐れがあるとの懸念を表明していた。

エスピノサ外相は今回の措置について、アサンジュ氏の「保護を進める取り組みの一環」と説明。昨年12月、同氏に外交上の地位を与えるよう英国政府へ要請したが断られたと述べた。

また、引き続きアサンジュ氏を保護するとしたうえで、エクアドルが「人権を守り、国際法を尊重する国」だと強調した。

最終更新:1/12(金) 14:05
CNN.co.jp