ここから本文です

トランプ米大統領、ロンドン訪問取りやめ-抗議恐れてと英紙報道

1/12(金) 16:28配信

Bloomberg

トランプ米大統領はあらたに建て替えた在英米大使館の開所式典に出席するためロンドンを訪れることにしていた予定を取りやめた。オバマ前大統領が旧大使館を売却したことが気に入らないためと説明した。

トランプ大統領はツイッターで、「恐らくロンドンで最高の立地と立派さを持ち合わせていた大使館をオバマ政権が『二束三文』で売り払い、12億ドル(約1335億円)をかけて外れた場所に新しい大使館を建てたことが気にいらない」とロンドン訪問をキャンセルした理由を説明。「損な取引だ。私にリボンを切らせたかったのだろうが、お断りだ!」とツイートした。

トランプ氏のロンドン訪問取りやめを英紙ガーディアンは11日遅くに報じ、市民の抗議行動を恐れてティラーソン国務長官を新大使館開所式典に送ることにしたと伝えていた。BBCによると英首相府は訪問中止についてコメントを控えた。

米英の関係はトランプ大統領の就任以降、カーン・ロンドン市長を批判するツイートや英国の極右グループの反イスラム動画のリツイートなどで悪化している。

原題:Trump Says He Scrapped London Trip Over Obama’s Embassy Deal(抜粋)

Andy Sharp

最終更新:1/12(金) 16:28
Bloomberg