ここから本文です

くっきープロデュース覆面芸人の正体は斎藤工「シュコーが小さい」ダメ出しも

1/13(土) 1:23配信

お笑いナタリー

野性爆弾くっきーがプロデュースするピン芸人・人印(ピットイン)の正体が斎藤工であることが明らかとなった。

【写真】ステージでネタを披露する人印。(他9枚)

これは先ほど放送された「ドラマ25『MASKMEN』」(テレビ東京ほか)の第1話でわかったもの。人印はサンドウィッチマンや永野、カミナリといった芸人を擁する芸能事務所・グレープカンパニーの所属タレントとして昨年秋に突然現れ、正体不明のまま活動していた。

「MASKMEN」は人印の成長を追う番組で、1話では斎藤工が曇天三男坊、ニッチェ、ミラクルひかるという親しい仲間たちに「芸人になる」と宣言。「この人と融合したい、という人がいる」とプロデュースをくっきーに依頼したと告げた。そんな斎藤に対し、曇天三男坊は「はっきり言って邪魔。こっちは夢懸けてやってる。冗談じゃない」とつっかかる。それでも意志を曲げない斎藤に、最終的には「やったらいいじゃないですか」と理解を示した。

一方でカメラはくっきーにも密着。プロデュースの意図やネタ制作の裏側に迫る。くっきーは、慣れないお笑いライブの舞台に立った斎藤に「(ネタの)シュコー、シュコー(の声)が小さいですね」などとダメ出し。さらに番組では人印の中身だと噂されていたロッシーや、永野らグレープカンパニーの芸人による証言も紹介した。2話以降では、人印に扮する斎藤工が芸人として奮闘する姿が映し出される。

また併せて番組エンディングテーマをToshlが担当したことも発表された。曲はToshlが龍玄とし名義で書き下ろした「マスカレイド」。Toshlは「自分の人生ともどこか重なるような、斎藤さんの想い、そして新たなチャレンジを心から応援したいと思い、沸き起こるメッセージを詩にし、気合いを入れて楽曲制作し、魂を込めて歌いシャウトしました」とコメントしている。

斎藤工 コメント
ふと、無意識に周りに対し背伸びしたり整えたりカッコつけてる自分が嫌になった事はありませんか?
これはそんな男のドキュメントです。

野性爆弾くっきー コメント
さぞ人民の皆様は御驚きになられたでしょう。ピットちゃんの勇姿、とくとご覧あれ。
誉(ほま)誉(ほま)誉(ほま)

ドラマ25「MASKMEN」
テレビ東京 / テレビ大阪 / テレビ北海道 / TVQ九州放送 毎週金曜24:52~25:23
<出演者>
斎藤工 / 野性爆弾くっきー ほか

(c)「MASKMEN」製作委員会

最終更新:1/13(土) 1:23
お笑いナタリー