ここから本文です

Bリーグオールスター選手が復興支援活動

1/13(土) 18:26配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

プロバスケットボールBリーグのオールスターゲームを14日に控え、出場する選手たちが、益城町の仮設団地で復興支援活動を行いました。
元NBAプレーヤーで栃木ブレックスの田臥勇太選手や熊本ヴォルターズの小林慎太郎選手らBリーグオールスターゲームに出場する選手16人が益城町のテクノ仮設団地を訪れました。
選手は、地元の小学生たちと触れ合いながら、横断幕や、ベンチに絵を描いていきます。今回は、去年6月にバスケットゴールを設置して以来の復興支援活動で、「遊び場所」「憩いの場」を充実させるために出来上がった作品は「みんなの広場」に設置されました。

RKK熊本放送

最終更新:1/13(土) 18:34
RKK熊本放送