ここから本文です

スノボW杯スロープスタイル、国武大晃・岩渕麗楽が2位

1/13(土) 5:13配信

朝日新聞デジタル

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は12日、米コロラド州スノーマスでスロープスタイル第2戦の決勝があり、男子は15歳の国武大晃(STANCER)が83・64点で2位に入った。国武はW杯初の表彰台。大久保勇利(ムラサキスポーツ)は77・91点で6位だった。

【写真】スロープスタイル男子決勝で2位になった国武大晃の演技=林敏行撮影

 女子でも、16歳の岩渕麗楽(キララクエストク)が76・48点で2位に入った。

朝日新聞社