ここから本文です

〔米株式〕NYダウ、連日の最高値更新=ナスダックも(12日)☆差替

1/13(土) 7:30配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】週末12日のニューヨーク株式相場は、米企業の好決算や堅調な米経済指標を手掛かりに大幅続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均の終値は前日比228.46ドル高の2万5803.19ドルと、2日連続で史上最高値を更新。ハイテク株中心のナスダック総合指数も49.28ポイント高の7261.06と、2日連続で最高値を塗り替えた。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比4674万株増の8億7465万株。
 米金融大手JPモルガン・チェースが早朝に発表した2017年10~12月期決算は、税制改革成立の影響で純利益が前年同期比37.1%減となったものの、特殊要因を除いた1株当たり利益は市場予想を上回った。資産運用大手ブラック・ロックの決算も好調だったことから、市場では金融株への買いが膨らんだ。
 また、朝方発表された堅調な経済指標も株価を押し上げた。17年12月の消費者物価指数(CPI)は前月比0.1%上昇にとどまったが、変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数は0.3%上昇と、11カ月ぶりの伸び率を記録。同月の小売売上高も前月比0.4%増と堅調で、アマゾン・ドット・コムやウォルマート・ストアーズなど消費関連株も値を上げた。
 来週15日は祝日のため市場は3連休となるが、「法人減税などを背景とした企業業績への期待から、週末でも買いの勢いは途切れなかった」(日系証券)との指摘が聞かれた。
 個別銘柄(暫定値)では、JPモルガンが1.7%高、ゴールドマン・サックスが0.7%高、ブラックロックが3.3%高。アマゾンは2.2%高、ウォルマートは0.9%高、ターゲットも3.8%高となった。一方、フェイスブックは4.5%安、ウェルズ・ファーゴは0.7%安と売られた。

最終更新:1/13(土) 9:27
時事通信