ここから本文です

<岡田将生>今年の決意は「毒を吐く」 さっそく毒舌キャラに挑戦も…

1/13(土) 18:13配信

まんたんウェブ

 俳優の岡田将生さんと木村文乃さんが13日、東京都内で開かれたダブル主演映画「伊藤くん A to E」(廣木隆一監督)の公開記念舞台あいさつに登場。「今年変わりたいこと」を聞かれた岡田さんは「毒を吐く。自分の中でため込んでしまうタイプなので、ためないように毒を吐き続ける年に」と毒舌キャラへの路線変更を宣言した。

【写真特集】木村文乃や佐々木希 美女キャストの共演 全身も

 舞台あいさつには、佐々木希さん、志田未来さん、池田エライザさん、夏帆さん、中村倫也さん、田中圭さん、廣木監督も出席。木村さんから「(ここで毒を吐く)練習したら?」と提案され、さっそく挑戦した岡田さんは「何でこんな大事な日にのどを痛めたんだろう。ばかやろう!」と自分に“毒”を吐き、共演者から「(それじゃあ)いい人でしょ」などと突っ込まれていた。

 「伊藤くん A to E」は、柚木麻子さんの同名小説(幻冬舎)が原作。脚本家の矢崎莉桜(木村さん)が自信過剰なクズ男「伊藤」という同じ名前の男について悩む4人の女たち(【A】~【D】)から切実な恋愛相談を受けながら、ドラマプロデューサーにたきつけられて起死回生の脚本のネタにしようとたくらむ。4人の女性が語る「伊藤」は同一人物かもしれないと手応えを感じ始めた矢先、莉桜の思惑は打ち砕かれる……というストーリー。

 岡田さんは「(自身が演じる伊藤は)痛い男とはいわれているものの、自分の世界を持っている。自分の世界を持っているのは憧れでして、尊敬とは言いませんが、うらやましい部分がありましたし、演じがいもありました。楽しかった」と振り返った。木村さんも「この映画の人物は人間らしくて私は好き。自分を持ちたいがゆえに、もがいている人の話なので。愛すべきところがあるし、自分にも当てはまるところがある」と作品愛をアピールしていた。

最終更新:1/13(土) 18:15
まんたんウェブ