ここから本文です

伊藤有希4位も「課題少しずつクリア」と内容に手応え

1/13(土) 16:38配信

東スポWeb

 ノルディックスキー・ジャンプ女子のW杯第5戦が13日、札幌市の宮の森ジャンプ競技場(HS100メートル、K点90メートル)で行われ、前年王者の伊藤有希(23=土屋ホーム)は合計237・3点で4位に入り、復調気配を見せた。

 1本目は93・5メートルの大ジャンプで3位につける。2本目は91・5メートルと飛距離を伸ばせなかったが、3位の高梨沙羅(21=クラレ)に0・9ポイント差と肉薄した。

「1本目はタイミングが遅れ、2本目は狙い過ぎた」と振り返るも、内容には手応えをつかんだ様子だ。「ここ最近、練習量は少ないけど、いい感覚はつかみ始めている。課題は少しずつクリアしている実感はある」

 助走姿勢が改善し、地元の大声援もパワーに変えた。「明日につながるジャンプができた」と前を向いた。

最終更新:1/13(土) 16:38
東スポWeb