ここから本文です

(けいざい+ WORLD)変わる公共放送:下 若者に照準、ネット発信強化

1/13(土) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 すべての世帯に「放送負担金」という形で公共放送のコストを負担するよう義務づけたドイツ。公共放送側は、テレビからSNSにシフトする若い世代を取り込もうと、インターネット放送を強化している。
 ドイツ西部の都市マインツの中心部。中世の教会も残る町並みを見下ろすビルの高層に入るのは、公共放送のZDFとARDが共同出資で設立し、2016年10月からネット放送を手がける「FUNK(ファンク)」だ。
 毎朝9時、複数の画面が壁いっぱいにならぶフロアの一画に約30人のスタッフが集まり、ミーティングが始まる。画面に表示されるのは、ユーチューブやフェイスブックから提供されるデータ。……本文:1,536文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社