ここから本文です

空き家の庭で家庭菜園 東京都、都民の案を予算化

1/13(土) 9:43配信

朝日新聞デジタル

 東京都は12日、新年度予算案に都民が提案した九つの新規事業を盛り込み、計8億5千万円を計上する方針を決めた。都民から初めて事業案を募り、応募のあった255件からインターネット投票などで絞り込んだ。都によると、都民の応募した案を予算化する試みは都道府県では初という。

 九つの事業のうち、「貸し庭支援事業」(約1千万円)は、増えている空き家の庭を家庭菜園やガーデニングなどに使うため、所有者と利用希望者を都が仲介し、整地費なども支援する内容。「働く人のチャイルドプランサポート事業」(約5500万円)は、社員の不妊治療を支えるため、休暇や在宅勤務の制度を整えるなどした企業に奨励金を支給する。

 ほかの七つの事業は、高齢化、防災、環境対策など6分野。都民の案を都職員が26件に絞り、昨年12月8~22日にネットや郵便などで18歳以上の都民に投票してもらい、得票順で選んだ。小池百合子都知事は12日、記者団に「生活に密着したまったく新しい発想での提案をいただいた」と話した。2月開会の都議会に提出する。(伊藤あずさ、石井潤一郎)

朝日新聞社