ここから本文です

パッと見は痛車、れっきとした峠仕様のトヨタ 86…東京オートサロン2018

1/13(土) 13:33配信

レスポンス

フードに美少女キャラクターが大きく描かれ、パッと見は痛車のような『86』だが、実はこれ群馬の峠を軽快に走り回れるようにカスタマイズされた、れっきとした峠仕様の86。群馬トヨタ自動車が1月12日に幕張メッセで開幕した東京オートサロン2018で公開したものだ。

[関連写真]

『TOYOTA 86 Hill Climber』と名付けられたカスタマイズカーは、ディーラーの出品車両だけに、市販パーツのみを装着して公道を走れる仕様になっている。

群馬トヨタ自動車 GR Garage 高崎ICの中島淳一GRコンサルタントは「群馬のワインディング、峠を楽しく走れるようにしようということで造った。東京オートサロン向けにワンオフの部品を使うというのではなくて、誰でも気軽にチューニングができるような車両に仕上げている」と語る。

装着パーツは「吸排気系がレボリューションのコンポジットマフラーやSSエキゾースト、インダクションボックスなど、足回りにはキャロッセのクスコスポーツTN_Sを使っている」とのことで、「インダクションボックスを装着するためにちょっと加工したくらいで、それ以外のパーツは通常の作業でカスタマイズできる」としている。

また「カスタマイズでは大口径のホイールが結構流行っているが、どうしてもワインディングは路面状況がいろいろあるので、18インチの扁平タイヤだと、いきなりスポンと抜けたりすることもあるので、うちでは純正サイズの16インチで設定している」という。

TOYOTA 86 Hill Climberの装着タイヤはポテンザのアドレナリンRE003(205/55R16)で、「ブレーキもスリットローターとパットの交換だけで十分なストッピングパワーがでる。16インチのままにすることで、ランニングコストも抑えられる」と中島氏は解説する。

中島氏によるとTOYOTA 86 Hill Climberのキャラクターラッピングを除いたパーツの装備総額は約200万円で、工賃は30万円程度。「いきなりフル装備しなくても、インダクションボックス、ビッグスロットルを付けてコンピューターまでというのは最終的には後回しにして、ノーマル車で不満な部分、ブレーキだったり、アブソーバーとかを段階的にカスタマイズしていくこともできる」とのことだ。

ちなみにTOYOTA 86 Hill Climberのフードに描かれている美少女は、GR Garage高崎ICのオープンに際して群馬トヨタが造ったオリジナルキャラクター「G.U.M.B.A.(グンバ)」のメンバーのひとり島野マコで、高崎はるな学院高校の生徒という設定になっている。

《レスポンス 小松哲也》

最終更新:1/13(土) 13:33
レスポンス