ここから本文です

JBLスピーカー名機が復活「L100 Classic」。レトロデザインに新開発ユニット

1/13(土) 17:45配信

Impress Watch

 ハーマンインターナショナルは、JBLを象徴する1970年発売のスピーカーを現代風にアップデートした新機種「L100 Classic」の発売を決定。CES 2018に出展した。'18年春の発売予定で、価格はペアで4,000ドル。

【この記事に関する別の画像を見る】

 プロ用モニター「JBL 4310」のコンシューマ版モデルとして1970年に発売され、JBLのベストセラーとなった3ウェイブックシェルフスピーカー「L100」。2016年に発売された70周年記念の「4312SE」に続き、L100も最新版となって復活することが決定した。なお、オリジナルのL100は1970年にシカゴで行なわれたCESで発表されたという。

 1970年代スタイルのレトロなデザインを継承し、JBLのアイコンであるQuadrex foamグリルを3色(ブラック、オレンジ、ブルー)から選択可能。エンクロージャは、側面や天板などにウォルナットを使用。

 ユニットは現代のものを採用。ウェーブガイドを備えた25mm径のチタンドームツイータ「JT025Ti1」と、125mm径のピュアパルプコーンを用いたミッドレンジ「JM125PC」、ホワイトのピュアパルプコーンを用いた300mm径ウーファ「1200FE」で構成。フロントにバスレフポートを備える。スピーカー端子は金メッキのバインディングポスト。

 外形寸法は約39×35×64.7cm(幅×奥行き×高さ)。縦置き/横置きに対応する。メタル製でブラックのスタンドも別売で用意。価格は500ドル。

AV Watch,中林暁

最終更新:1/13(土) 17:45
Impress Watch