ここから本文です

ロッテ・三木、ケガからの復活期す 遊撃レギュラー獲得へ「しっかりアピールしたい」

1/13(土) 13:15配信

デイリースポーツ

 ロッテ・三木亮内野手(26)がケガからの復活を期して黙々と自主トレに励んでいる。

【写真】三木と二木の「チーム五木」

 ロッテ浦和球場の室内練習場。小気味のいい打球音が響く。響かせているのは三木だ。

 「年末からバンバン打っていた。順調に治って投げる方も問題ありません。打つ方は100パーセントです」

 表情は明るい。昨年8月24日の楽天戦で安楽から右手に死球を受けた。診断結果は「右手母指末節骨折」、「右手第二指中手指節関節剥離骨折」で全治4週間だった。

 それまでは遊撃をメインに、プロ4年目で最多となる85試合に出場。打率・242、2本塁打、19打点の成績を残し、正遊撃手の座をほぼ手中にしかけていた。

 だが、いま、その視線は2月1日のキャンプ・インにある。

 昨秋の鴨川秋季キャンプには別メニューでも参加だった。それだけに「(ここまで戻るのに)長かった。実戦に入ってどうなるかですね。あとは感覚の問題だと思います」

 キャンプ前に医師から最終診断を仰ぐが、年末の検査では「問題なし」だった。

 遊撃を巡る争いはプロ3年目を迎えた平沢大河内野手、さらに大型新人・藤岡裕大内野手の加入で、今年もまた激しくなる。

 現在、1日に400~500球を打ち込んでいる。「焦る必要はないが、強めのトレーニングで(キャンプに)臨む。レギュラーではない。しっかりとアピールしたい」

 内野守備ならどこでもOKの三木。今季は外野守備にも挑戦するつもりだ。復活からの飛躍を誓う姿に注目だ。