ここから本文です

ミシェル・ロドリゲスがシガニー・ウィーバーを称賛、「レディ・ガイ」コメント到着

1/13(土) 21:04配信

映画ナタリー

「レディ・ガイ」より、主演を務めたミシェル・ロドリゲスのコメントが到着した。

ウォルター・ヒルがメガホンを取った本作は、マッドドクター・ジェーンの性転換手術によって女の体に改造された殺し屋フランクの復讐を描くアクション。フランクを演じたロドリゲスは、ジェーン役のシガニー・ウィーバーとの共演について「いい経験だったし、彼女を人としてすごく尊敬してる。私が思うに、この業界には男性と女性の両方の要素を持った俳優がいると思うの。アンジェリーナ・ジョリーやジョニー・デップがそうね。そしてシガニー・ウィーバー。彼女も両方の要素を兼ね備えていて、女性でありながら男性的なものを醸し出すことができる」と語っている。

【写真】「レディ・ガイ」(他10枚)

自身が演じたフランクの未来について、ロドリゲスは「監督としては、フランクというのはすごくマッチョであまり感情のない人という設定だったみたい。でも、これからいろいろ経験をして、ホルモンも打ち続けてエストロゲンが増えていって、たぶんより人間味のある人になっていくんじゃないかな」とコメント。そして「今までは男の中にいる紅一点みたいな役が多かったから、よりフェミニンな自分も発見していきたいわ」と今後の女優としての展望を明かした。

「レディ・ガイ」は、東京・新宿シネマカリテほかにて現在上映中。

※「レディ・ガイ」はR15+指定作品



(c)2016 SBS FILMS All Rights Reserved

最終更新:1/13(土) 21:04
映画ナタリー