ここから本文です

福岡・中間市議を恐喝容疑で逮捕 工事の発注元脅す

1/13(土) 20:38配信

朝日新聞デジタル

 福岡県警は13日、工事の発注元の会社社長から約300万円を脅し取ったとして、同県中間市議で会社役員の米満一彦(76)=中間市通谷2丁目=と、愛知県岡崎市の建設会社「ナカノ建商」社長の中野次夫(70)=岡崎市大門4丁目=の両容疑者を恐喝容疑で逮捕し、発表した。認否は明らかにしていない。

 捜査2課によると、2人は2016年6月、広島県の建築資材会社が発注した太陽光発電所の建設工事をめぐり、同社社長に電話やメールで数回、工事に使う生コンクリートの代金約1600万円を要求。応じなければ工事を妨害するなどと伝え、約300万円を脅し取った疑いがある。

 ナカノ建商は発電所の建設工事に下請けとして関わり、米満容疑者が社長を務める建築資材会社「九興」=北九州市小倉北区=が、生コンを供給していた。ナカノ建商が生コン代金を支払えなくなったため、2人で共謀して発注元から脅し取ったと県警はみている。

 米満容疑者は1995年に中間市議に初当選。昨年6月の市議選で7選した。

朝日新聞社