ここから本文です

静岡の清田「チーム一丸で」=14日、都道府県女子駅伝

1/13(土) 18:26配信

時事通信

 第36回全国都道府県対抗女子駅伝競走(14日、京都・西京極陸上競技場発着)に出場する有力選手が13日、京都市内で取材に応じ、昨年の世界選手権マラソン代表で静岡のアンカーを務める清田真央(スズキ浜松AC)は「普段交流できない年代と一緒にチーム一丸となってたすきをつなげることは、いい刺激になる。楽しみながらも、しっかりと順位を狙いたい」と抱負を語った。

 世界選手権の5000メートルに出場した鍋島莉奈(日本郵政グループ)は高知の主将。「1区を任せてもらうので、ベストを尽くす」と意気込んだ。同じ1区を走る兵庫の田中希実(西脇工高)は「無理に背伸びはせず、自分の走りを楽しめるレースにしたい」と話した。 

最終更新:1/13(土) 18:30
時事通信