ここから本文です

豊田合成などがプレーオフへ=バレー・プレミアリーグ

1/13(土) 19:37配信

時事通信

 バレーボールのプレミアリーグは13日、愛知・小牧市スポーツ公園総合体育館などで行われ、男子の豊田合成、東レ、JTが上位6チームで争うプレーオフのファイナル6進出を決めた。2位の豊田合成は首位のパナソニックを3―1で破り、4位のJTは堺にストレート勝ちし、この日試合のなかった3位の東レとともに6位以内が確定した。

 女子は3位のデンソーが東レに3―2で競り勝ち、ファイナル6進出が決定。首位の久光製薬はJTを3―0で退け、開幕18連勝としてレギュラーラウンドの1位通過を決めた。 

最終更新:1/13(土) 19:41
時事通信