ここから本文です

日本、準々決勝進出=板倉が決勝点―サッカーU23アジア選手権

1/13(土) 22:42配信

時事通信

 【江陰(中国)時事】サッカーのU23(23歳以下)アジア選手権第5日は13日、中国江蘇省の江陰などで1次リーグの第2戦が行われ、2020年東京五輪世代のU21(21歳以下)で連覇を狙うB組の日本はタイを1―0で下した。2連勝の勝ち点6で同組2位以内を確定させ、準々決勝進出を決めた。タイは2連敗。

 日本は試合終了間際に板倉(仙台)が決勝点を挙げた。16日に北朝鮮と当たる。

 B組のもう1試合は北朝鮮がパレスチナと1―1で引き分け勝ち点4。パレスチナは同1。

 C組ではイラクがサウジアラビアと0―0で引き分け勝ち点4とした。ヨルダンはマレーシアと1―1で引き分けた。サウジとヨルダンが同2。マレーシアは同1。 

最終更新:1/13(土) 22:45
時事通信