ここから本文です

NGT48北原里英、卒業コンサート発表で感涙=4月に新潟で、荻野由佳「笑顔で送り出す」

1/13(土) 23:45配信

時事通信

 NGT48が13日、東京ドームシティホールで単独コンサートを開催した。アンコールでは、今春をめどに卒業する予定のキャプテン・北原里英の卒業コンサートが、4月14日に新潟市の朱鷺メッセで行われることが発表された。

〔写真特集〕NGT48、東京ドームシティホールでコンサート

 前日の同13日には、グループの単独コンサートが同所で開催されることに。北原は「ずっとやりたいと思っていた新潟での(大規模な)単独コンサートができるだけでなく、自分なんかが卒業コンサートを開いてもらえることが、すごくうれしい」と感激の涙を流した。荻野由佳は「超楽しい2日間にしたい。笑顔で里英さんを送り出したい」と意気込んだ。

 メンバーはこの日、最新シングルの表題曲「世界はどこまで青空なのか?」や「Maxとき315号」など計26曲を披露した。NGT48は昨年1月にも、東京ドームシティホールで単独コンサートを開催。その後、メンバーが「AKB48選抜総選挙」で上位に入るなど、グループとして飛躍を遂げており、北原は「昨年よりファンの熱気が上がっている。メンバーも(ステージで)冷静に対応していて、1年前とは全然違う」と手応えを感じていた。

 同所では13日から21日まで、AKB48グループのイベントが連日行われる。その皮切りとなったのは、13日午後に開催されたAKB48チーム8の「選抜コンサート」。中野郁海、山田菜々美といった「ダンス選抜」のメンバーらが出演し、「47の素敵な街へ」をはじめとするチームのオリジナル曲や、AKB48グループのダンスナンバーなどを歌い踊った。

 このコンサート中には、チーム8の全国ツアーの大分公演が2月に、富山公演が3月にそれぞれ開催されるほか、太田奈緒が女性ユニット「上野パンダ島ビキニーズ」の新作舞台(演出・堤幸彦氏)に出演することが発表された。

最終更新:1/14(日) 3:22
時事通信