ここから本文です

寒波に負けず関門に挑む センター試験に千葉県内2万7347人が志願

1/14(日) 7:55配信

産経新聞

 大学入試センター試験が13日から全国で始まり、県内でも千葉市稲毛区の千葉大西千葉キャンパスなどの試験場で受験生が試験に臨んだ。

 大学入試センターによると、県内会場の今年度の志願者数は2万7347人で、前年度より735人増えた。そのうち、高校3年生を中心とする「高等学校等卒業見込者」が2万1200人、浪人生など「高等学校卒業者等」が6147人。

 この日は寒波の影響で県内も冷え込み、我孫子や市原市牛久で未明に氷点下5・0度を観測。千葉市も同1・1度で今シーズン最も寒い朝となった地域が多く、受験生はコートとマフラーなど防寒着を着込んで試験会場に急いでいた。

 センター試験初日のこの日は地理歴史、公民、国語、外国語、英語リスニングを実施。14日は理科、数学の科目が行われる。

最終更新:1/14(日) 7:55
産経新聞