ここから本文です

まだまだ続くぶらり旅 箱根を下って富士へ マニア垂涎の車体に乗った

1/13(土) 14:30配信

産経新聞

【ぶらり路線バス】

 東京駅から神奈川県境近くまで走っている路線バスに乗ったのをきっかけに、次々と乗り継いでいくのが面白くなって続けてきた東海道をたどる旅。すべて日帰りで、前回終わったところまで行ってまた再開するというパターンで続けているが、だんだん起点が遠くなる。2日目の横浜、3日目の茅ケ崎ぐらいならまだいいが、4日目の今回は箱根の芦ノ湖畔から。前回、たった5分差で終バスに間に合わなかったせいだ。JR三島駅まで乗り継げていれば新幹線で直行できたのに…。

■箱根峠を三島に下る絶景

 同じバスに乗るのもしゃくなので、箱根登山鉄道を利用。急勾配をジグザグに登る名物「スイッチバック」で運転士と車掌が窓の外をてくてく歩くのが見られたのは面白かったが、乗り継ぎが悪くて時間をロス。芦ノ湖畔で昼ご飯になってしまい、昼過ぎから旅の続きを始めることになってしまった。

 前回、悔しい思いをさせられた元箱根港のバス停には、ずらりとバスが並んでいた。東海バス「N65 三島駅」行きで出発。箱根関所跡を横目に見ながら箱根峠へ。時間切れという「関所」に阻まれてしまった天下の険だが、これにて無事通過である。

 鼻歌交じりで景色を楽しむが、意外だったのは、箱根から神奈川県側と静岡県側の景色が全然違っていたこと。高校駅伝でおなじみのコースが、ずっと「箱根の坂」のイメージだった。木が覆いかぶさったつづら折れの急坂。でも、三島に下っていく東海道はからっと明るい。カーブもゆるやかで、ずっと遠くまで見渡せて、高原のスカイラインといった風情。かつて東海道を歩いた人たちも、このあたりの風景は息抜きになったのでは。

 ただし、車内はガラガラ。数人の登山者っぽい乗客がいるだけ。小田原側よりも利用者は少なそうだ。だから午後5時半なんて時間に終バスなんだろうなぁ…と思っていたら「三島スカイウォーク」というつり橋で、ドドッと観光客が乗り込んできた。あっという間に満員に。この橋「歩行者用としては日本最長」だそうだが、生活圏を結ぶとかではなく、絶景を楽しむ観光用らしい。観光用タワーを横にしたようなものだろうか。気になる。時間が心配で途中下車できなかったが、いつか再訪したい。

■マニア垂涎の?車体に乗る

 坂を下りたバスは市街地に入っていく。そのうちに、なんだかバス停が低いことに気づいた。停留所の表示板のことだ。大人の身長ほどしかなくて、見上げるような都バスの表示板を見慣れていると、どうも寸詰まりに見える。見つけにくいんじゃないのかな。まぁ、でも、考えてみれば全国共通のサイズなんてないのだろうし、見慣れればどうってことないのか。

 JR三島駅に着くと、きっちり沼津行きがあるらしい。東海道五十三次のとおり。すばらしい。案内所で聞いてみたら「電車のほうが早いですけど、いいですか?」と親切な係員が心配してくれた。ほんとにねえ、電車だと7分、バスだと30分。待ち時間も追加。でも、わざわざ遠回りするからこそ楽しいんで。ありがとうございます。

 教えられたバス停で待っていると、やってきたのは東海バス「N12 沼津駅」行き。乗り込んだら、車内に手作りの案内文があった。なんでも「いすゞ・トップドアエルガミオ」という車体らしい。「エルガミオの中でも最初期に製造された、全国的にも珍しいワンステップワンドア車です」。

 見ればたしかに、普通は前後に2つある扉が、観光バスみたいに前にひとつだけしかない。「東海バスグループではこの1台だけが活躍しています!」とのこと。

 バスマニアだったら狂喜乱舞するところかもしれない。マニアじゃないので、乗り降りが大変じゃないのかなぁ…とか余計な心配もしてしまったが、説明がなければきっと気づいてなかったはずで、少し得をした気分にはなれた。

■五十三次をかすめながら

 JR沼津駅では、富士急のバスターミナルがロータリーから外れた場所にあって、一瞬ひやっとしたが、無事に富士急バス「富54 富士駅」行きに乗り継ぐことができた。

 これがかなり長い距離の路線で、国道を外れて丘陵地をのんびりと走る。

 結果的に海岸沿いにある五十三次の13番目、原宿は通らないことになってしまったが、その次の吉原宿はきっちり経由したのでいいことにしよう。

 吉原中央駅という、電車の駅名みたいなバスターミナルが旧宿場町のようだ。さらに市街地をくねくね走って、JR富士駅に到着。日暮れも近づいていたので、本日はここまで。富士駅から新幹線のJR新富士駅まではバス路線もあったけど、座り疲れたのでぶらぶら散歩することに。



 今回はいい場所で区切ることができてホッとした。とはいえ、次は東京から富士まで移動してからスタートということになる。この企画、日帰りでやるのはそろそろ限界かも。そのうち宿泊することになるんだろうなぁ。夜行バスで起点まで行ってからスタートするか…いや、そんなにバスだらけっていうのもどうなのか。

(文化部 篠原知存)

 【路線バスの旅 4日目】元箱根港-富士駅、3路線5時間。東京駅からの通算乗車は20路線。

最終更新:1/13(土) 14:30
産経新聞