ここから本文です

吉岡里帆、主演ドラマ制作発表で意気込む「すべてをかけて必ず面白いものにしたい」

1/13(土) 13:32配信

サンケイスポーツ

 女優、吉岡里帆(24)が13日、東京・赤坂のTBSで、同局系初主演ドラマ「きみが心に棲みついた」(16日スタート、火曜後10・0)の制作発表に出席した。写真撮影後には15日に25歳の誕生日を迎える吉岡を共演者らが祝福。共演の桐谷健太(37)と向井理(35)によって似顔絵入りの特製ケーキが運び込まれると、何も知らされてなかった吉岡は「ビックリしました。こんなに大勢の皆さんに祝っていただいたのは初めて」と感激。「25歳で初めての主演ドラマ。この作品にすべてをかけて必ず面白いものにしたい」と意気込んだ。

 ドラマは下着メーカーに勤務する自分に自信が持てないOL(吉岡)が優しくて誠実な漫画編集者(桐谷)と裏の顔を持つ大学時代の先輩(向井)の間で揺れ動く三角関係のラブストーリー。

 会見では桐谷の元恋人役を演じるタレント、中村アン(30)が「切ない感じの役なんですけど、個人的に桐谷さんのことがタイプだった。(2014年に桐谷が)結婚する前から好きだったので、すごくうれしい」と告白して共演者を驚かせる一幕も。桐谷は「嘘はやめてください」と語るも、ヒロインに告白される役柄とあって、「ここまでモテる役は初めて。やっと世間が気付いてくれた」とほおが緩みっぱなしだった。