ここから本文です

葛尾でコチョウラン栽培開始

1/13(土) 10:01配信

福島民報

 東日本大震災、東京電力福島第一原発事故からの復興に向け、福島県葛尾村が農業再生の目玉に位置付けるコチョウランの栽培が12日、村内落合の栽培施設で始まった。初出荷は今年7月になる見込み。
 村の農業者らでつくる農業法人「かつらお胡蝶蘭合同会社」が携わる。代表社員の松本政美さん(67)らが台湾から輸入した苗1000株の品質を確認しながら温室内の作業台に次々と並べた。
 年間4万8000株を生産し、東京の市場などに出荷する計画。松本さんは「花が咲く日が今から楽しみ。葛尾のイメージアップにもつなげたい」と語った。

福島民報社

最終更新:1/13(土) 10:31
福島民報